ホーム > 事業紹介 > 競技力向上対策事業

関連リンク

toto

toto

toto

toto

toto

競技力向上対策事業

競技スポーツは、勝つことや記録の壁をやぶるために、人間の能力の限界に挑みます。競技者の活躍は、県民の方々に多くの夢と感動を与え、活力ある健全な社会形成に寄与するものです。
平成9年保健体育審議会答申では国及び各都道府県における役割を明確にした。特にジュニアにおいては、教育活動の場、日常トレーニングの場がその居住地に属している各地域となることから、ジュニア選手の発掘・育成・強化については、各都道府県の行政・体育協会・競技団体等の役割となります。
このようなことから県体育協会では、「かながわ・ゆめ国体」で培われた競技力向上システムを継承し、引き続き高い競技水準を維持するために、競技スポーツの登竜門であり、各都道府県競技力のバロメータである国民体育大会でその成果を検証するとともに、スポーツ界の懸案である一貫指導体制の確立に向けて更なる事業を展開し、全国・国際舞台で活躍できる神奈川のトップアスリートを育成を競技団体とともに行っていきます。

選手強化事業

国民体育大会において、優秀な成績を収めるとともに、恒常的な競技力向上体制を整備・充実・発展させるため、国体参加におけるジュニアから成年までの選手強化を目的とした事業を行う競技団体を支援します。

ジュニア選手強化事業

ジュニアからの選手発掘・育成・強化を図るため、一貫指導を継続的実施できる体制を確立する競技団体を支援します。

一貫指導モデル事業

「一貫した指導理念」に基づきジュニア期からトップレベルへと競技者育成するシステムづくりを目的とした事業実施する競技団体を支援します。